台南の隠れた名店、松竹當歸鴨

店の前は何度も通りすぎているのに気づかなかったお店である「松竹當歸鴨」に来てみた。

本当に街中にある普通の店で冰鄉のすぐ近くにある。ここは店名が示す通り當歸というセリ科の植物の根を使った漢方っぽい鴨のスープである當歸鴨が有名。ミシュランガイドに載っている有名店ってわけではないが地元ではここ松竹當歸鴨が人気があるみたい。

店は台南ではありきたりのスタイル

當歸のクセのある味わいが鴨肉との相性が抜群で、鴨といえば葱というだけではない組み合わせの可能性を感じる。鴨肉がもっている味わいが香味野菜との相性がいいのだな。このスープは身体があたたまるし夏に食べても冷房と酷暑で疲れた体調と整えるのにすごくよい。

當歸鴨という漢方のスープと鴨(アヒル)肉
麺料理も外せない

そして、麺料理は米麺を使ったものがあり、このスープを使った麺料理はちょっとクセになる美味しさ。台南には結構来ているのにまだまだ新しい味に出会えるものなのだな。お店の雰囲気は台南にはどこにでもあるような通りにテーブルをせり出している食堂っぽい感じ。オーダーもしやすいので新しい台南の味を探している場合にはおすすめです。

松竹當歸鴨
住所:台南市中西區民生路一段152號​​
時間:11:00 – 22:00


Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください